産科補償制度、原因分析報告書を公表(医療介護CBニュース)

 昨年1月にスタートした産科医療補償制度を運営する日本医療機能評価機構は3月18日、同機構の原因分析委員会が脳性まひ発症の原因を分析し、再発防止策などをまとめた報告書の要約版を初めて公表した。同機構の担当者は「幅広い人々に読んでもらうことで、制度への理解を深めてもらい、最終的には産科医療の質の向上、報告書と同様の事例の再発防止につなげていきたい」と話している。

 公表されたのは、昨年9月に同機構の審査委員会で同制度の補償対象として初めて認定された事例の報告書の要約版で、原因分析委員会の部会が医学的な観点から原因分析を行ったもの。2月9日の原因分析委員会で承認され、同機構の機関決定を経て、既に全文版が児・家族と分娩機関に送付されている。

 要約版は、「事例の概要」「脳性まひ発症の原因」「臨床経過に関する医学的評価」「今後の産科医療向上のために検討すべき事項」について、報告書から個人を識別する情報を除外した上で、概要をまとめた。

 全文版については使用目的が、▽学術的な研究目的での利用▽公共的な利用▽医療安全のための資料としての利用―の場合に限り、個人情報などをマスキングした上で開示される。
 全文版の希望者は、同機構のホームページ上の「原因分析報告書開示請求書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、同機構の産科医療補償制度運営部の原因分析・再発防止担当まで郵送する。1事例につき300円の手数料と郵送に掛かる実費を同機構指定の口座に振り込む。


【関連記事】
産科補償制度で初の原因分析報告書―公表は3月中旬以降に
原因分析の責任は評価機構に―産科補償制度
産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも
原因分析「医療側の考え方で進めるしかない」―2009年重大ニュース(8)「産科医療補償制度」
剰余金の取り扱い、来年も同様の仕組みに−産科医療補償制度

警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検(時事通信)
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ(産経新聞)
事前面接解禁を削除=派遣法案で政府・与党が合意(時事通信)
派遣法改正案を閣議決定=製造業派遣を原則禁止−政府(時事通信)
<北教組事件>党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
[PR]
# by lt8feb7xzd | 2010-03-24 11:37

2次元児童ポルノ規制で橋下知事「大阪府も検討」(産経新聞)

 18歳未満にみえるキャラクターの性描写がある漫画やアニメなどの販売や閲覧を規制する東京都の青少年健全育成条例改正案をめぐり、大阪府の橋下徹知事は19日、「大阪の実態を把握して規制の必要があるかどうか見極めたい」と述べ、府でも同様の対応を検討する考えを明らかにした。

 橋下知事は「石原慎太郎都知事らしい、太い政治信条に基づいた条例案。まったく意識していなかったが、大都市問題として都から問題提起を受けた」と話した。

 都の条例改正案をめぐっては、漫画家や有識者らが「表現の萎縮(いしゅく)を招く」として反対しているが、橋下知事は「表現の自由は絶対ではない。失われる利益が著しく大きいなら規制もある。子供を守るのが大人の責務で、表現の自由だけで議論を封鎖するのはおかしな話」との見解を示した。

【関連記事】
18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?
ちばてつやらが反対の記者会見 東京都の2次元児童ポルノ規制
アニメ、漫画の児童ポルノ規制で都議会が混乱
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解
漫画などの児童ポルノ規制 東京都、条例改正案を説明

死亡補償金は最大3300万円=新型ワクチンの副作用救済−厚労省(時事通信)
JR不採用解決案に前原国交相が難色 平野官房長官は早期解決に意欲(産経新聞)
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)
鳩山内閣半年…熱気冷め、漂う閉塞感(読売新聞)
ビザなし交流 露、入港税を要求 北方領土、既成事実化狙う?(産経新聞)
[PR]
# by lt8feb7xzd | 2010-03-19 20:49

エゾバフンウニ ラッコに3トン食べられて壊滅状態 根室(毎日新聞)

 根室市の歯舞漁協が納沙布岬沿岸に移植放流していたエゾバフンウニ約3トンがラッコに食べられ、壊滅的な被害を受けていることが分かった。被害額は判明分だけで約500万円に達し、同漁協は頭を悩ませている。

 ウニは昨年5月に移植された。たも網漁の初出漁となった今月4日、漁業者が海底に殻の割れたウニが大量に堆積(たいせき)しているのを発見、同漁協がダイバーによる潜水調査を行ったところ、ほぼ全滅していたという。食害は同岬近くの別の2カ所でも確認された。市歴史と自然の資料館が殻などを鑑定し、「割り方からみてラッコによる食害」と断定した。

 同岬沿岸では昨年5月以降、釧路川(釧路市)で人気者になった「クーちゃん」が移りすみ、これを機に年末以降は2〜6頭が生息しているという。ラッコは1日に6〜10キロほど食べ、特にウニやカニなど高価な海産物を好物にしている。

 02年から2〜3頭が生息している襟裳岬沖(日高管内えりも町)でも03年、ウニが壊滅的な食害を受けたことがある。オホーツク海側のウニのたも網漁は昨年度、約2億3000万円の水揚げがあったが、同漁協は「ラッコが居座っているので、資源が少なくなれば漁業者は生活できなくなる。被害額は3000万円以上になるかもしれない」と懸念する。

 ラッコは法律で捕獲が禁止されている。同資料館の近藤憲久・学芸主任は「米国では、漁業海域にラッコが現れた場合、麻酔銃で捕獲し、保護区に放獣する取り組みが行われている。(日本も)共生に向けて対策を講じていかなければならないと思う」と話している。【本間浩昭】

【関連ニュース】
ラッコ:県内で1頭、「トマト」が老衰死−−シーパラダイス /静岡
海響館:ウニの受精など観察 人気コーナー「オープンラボ」 /山口
ラッコ:クーちゃん現れ1年 釧路でイベント、絵画展など開催 /北海道

スカイマーク、高度違反も=管制官の指示とのずれ1800メートル−国交省(時事通信)
国立劇場のスルガザクラ 2代目のツボミふくらむ春(産経新聞)
在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人(産経新聞)
Web フィルタの不具合修正方法―情報の氾濫を阻止せよ
M・ジャクソン財団とソニー、史上最高225億円契約
[PR]
# by lt8feb7xzd | 2010-03-18 14:21

<三菱自動車>欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに(毎日新聞)

 三菱自動車(現三菱ふそうトラック・バス)製大型車のタイヤ脱落事故を巡る刑事裁判。3被告の上告を退ける最高裁決定で、リコール逃れの有罪が確定する見通しになった。突然肉親を奪われてから8年。死亡した主婦、岡本紫穂さん(当時29歳)の母は「本当に長かった。責任を受け止めてほしい」と語った。

 一貫して無罪を主張した三菱自元副社長で三菱ふそう元会長の宇佐美隆被告(69)は「横浜簡裁で3年かけて多数の証人尋問をして出された無罪が、高裁でたった1人の証人を短時間尋問しただけで覆され、最高裁で実質的理由を何も示されないまま維持されるのは到底納得できない」との談話を発表し、不満をあらわにした。

 また、三菱自は「個人の訴訟でありコメントは差し控えさせていただくが、今後もコンプライアンス(法令順守)の徹底に取り組む」とのコメントを出した。

 国土交通省の桝野龍二・自動車交通局長は「本事案は国交省から神奈川県警に告発したもので、有罪判決が確定した決定は妥当なものと考えている。国交省は今後もリコールの適切な実施、車両の安全対策に適切に対処します」というコメントを発表した。【伊藤直孝、平井桂月】

【関連ニュース】
三菱:EV供給プジョーと合意 アイ・ミーブ10万台
三菱自動車:優先株の扱い最優先課題 プジョー提携白紙で
三菱自:EV「アイ・ミーブ」増産 本格量産も1年前倒し
三菱自:EV供給、プジョーと合意 アイ・ミーブ10万台
三菱自:プジョーと「破談」…再建策の練り直し必至 優先株、買い戻し困難

渋谷の路上で首にはさみ刺す クラブでトラブルか(産経新聞)
<鳩山首相>小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」(毎日新聞)
<新潟市美術館>文化庁方針に市長不満 仏像展示問題(毎日新聞)
鳩山政権半年 八方美人で八方ふさがり 普天間移設、外交安保…(産経新聞)
<仙谷担当相>独立行政法人の役員公募 閣僚の選考を念押し(毎日新聞)
[PR]
# by lt8feb7xzd | 2010-03-16 22:39

八王子署員が交通事故 2人重軽傷 警視庁(産経新聞)

 警視庁八王子署警備課の男性警部補(58)が警察車両を運転中、2人乗りのバイクに衝突する交通事故を起こしていたことが7日、同署への取材で分かった。バイクを運転していた男性は頭の骨を折る重傷、同乗の女性は全身打撲の軽傷を負った。

 同署によると、事故は1日午後4時40分ごろ、東京都八王子市尾崎町の市道で発生。警部補のワンボックス車が同署分室の庁舎に入るため右折しようとした際、対向車線を直進してきたバイクと衝突したという。現場は片側1車線。ワンボックス車に同乗者はいなかった。

 同署の小島義雄署長は「負傷された方々が1日も早く回復されることを切に願っております。署員に対する交通事故予防の指導を徹底して参ります」とコメントした。

【関連記事】
検問突破…警官ひき逃げ犯は通勤途中の警官だった!
緊急走行パトが車2台に衝突、2人けが 岡山市
巡査にはねられ男性重傷 宮城
捜査車両で人身事故、公表せず 佐賀県警
飲酒運転容疑の巡査免職 北海道警
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<仙石国家戦略相>「子ども家庭局」夏めどに設置の考え(毎日新聞)
<犯罪被害者>遺族、中高生に「命の授業」 自殺防止効果も(毎日新聞)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
【大阪万博40年 熱狂が残したもの】(上)こんな日本があったんや(産経新聞)
貿易会社社長を書類送検=北朝鮮と韓国を無許可仲介−大阪府警(時事通信)
[PR]
# by lt8feb7xzd | 2010-03-12 11:17